カナダ留学 Ken Reports From Ontario Canada

Saturday, December 31, 2005

Welcome 2006!

皆さんへ、

私たち夫婦にとって激動の2005年となりました。カナダに移って早8ヶ月、色々な困難を乗り越えながら、大変実りの多い充実した一年となりました。これも一重に皆さんの暖かいご支援があったからだと、私たち夫婦、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

2006年は更なる飛躍を目指して、夫婦で頑張ってまいります。

皆さんにとっても更なるご活躍の年であるよう、カナダよりお祈りしています。
皆さんの様子も是非ともきかせてくださいね。

鈴木健太郎・淳子
http://www.the-suzukis.com/


-----------------------------------------------------------------
Dear everyone,

This year turned out a very positive, rapid changing year for both of us. It has been over 8 months since we've moved to Ontario Canada. The year had been a full of exciting experiences, and we both made them in tremendous success. We know that these success are thanks to your love and support.

We will make our 2006 more exciting, rewarding and successful.

We hope that you'll have a wonderful new year that brings immense joy and incredible happiness.
Please let us know how you are doing. We are always interested in knowing how you all are doing.

Ken and June Suzuki
http://www.the-suzukis.com/

Keneverbitch 12:06 PM links to this post | 0Comments:コメントを書く OR 見る|
Check Out Ranking:ランキングをチェックする |

Friday, December 30, 2005

Count Down to 2006


私たちの学校の数少ない友人を集め、忘年会のようなものを催した。

たまにはこんな集まりもいいね。

後はゆっくり新年を迎えるだけかな?

皆さんもよい年を迎えてください。

あと、よかったら皆さんの新年の抱負もメールなどできかせてください。

では迎える新年もよい年でありますように。

健太郎・淳子

Keneverbitch 1:04 AM links to this post | 2Comments:コメントを書く OR 見る|
Check Out Ranking:ランキングをチェックする |

Tuesday, December 27, 2005

Christmas Cake and 24

Happy Belated Christmas, Everyone!!

ホームページのデザインも一新、気分も新たに新年を迎えられそうだ。
クリスマスはアメリカ行きをやめて、24のシーズン4を観ながら、うちでゆっくりと二人だけで過ごすことに決めた。(全部観たよ!!)

例のごとくうちの奥様、大変おいしい食事を用意してくれた。しかも二人でレアチーズケーキを作ってみた。 左の写真は24を観ながらケーキを食べているところ。

年末には学校にいる日本人の友人たちを集めて忘年会をする予定で、30日か31日にはトロントのクリス君と遊ぶ予定。年末年始はどこにいても忙しいね。

皆さんも風邪などひかないように、よい年末を迎えてください。
Keneverbitch 12:45 AM links to this post | 2Comments:コメントを書く OR 見る|
Check Out Ranking:ランキングをチェックする |

Thursday, December 01, 2005

ACE IN THE FACE!! : バレー馬鹿

(From the Top left: Poline, Brett, Matt, Junko, Ken, Jeff, Kate, Andy, Travis)

知っている人も知らない人も、私の趣味はバレーボール。小学校から高校まで、果ては高校卒業してからも部活仲間とバレーに興じる、妻からすれば完全な「バレー馬鹿」。テレビでバレーを中継していると、解説者以上にコメントをし、食事もそっちのけ(まれ)でバレーを見る。私の高校時代の友達はほぼみなバレー部出身。バレーを観戦していると、常に熱いものがこみ上げてくる。

そんな馬鹿さ加減はカナダでも例外ではなく、私は男女混合のバレーチームに所属している。名前は「ACE IN THE FACE」:顔面にエースとでも訳そうか。チームメンバーは皆同じ学校のPOLICE FOUNDATIONというお巡りさん志望のコースを取っている。学校の授業の中にウェイトリフティングや一般体育の授業が含まれるなんともうらやましい人々。

約3ヶ月弱続いた大学のリーグも昨夜終了し、私たちのチームは12チーム中4番となった。昨夜はシーズン最後の試合ともあって、うちの奥さんに来てもらって写真を撮ってもらった。かねてからブログに書きたかったのでやっと念願がかなったことになる。

昨夜の結果は2勝2敗...

さて、試合も終わって無事家に帰って、早速撮ってもらった写真を見てみた。

「俺ちっちゃい...」(検証写真: 一番下)

なんかね、日本では意識しない小ささっていうか、でかい奴相手にスパイクやらブロックやらを決めた時にチームメンバーが異様な盛り上がりやお褒めの言葉をくれていた理由がここではっきりわかった。
チームの中にいると

「俺、本当にちっちゃい...
(俺、本当にちっちゃい... 俺、本当にちっちゃい... 俺、本当にちっちゃい...連呼)」

「いまさら気づいたのか」といわれたら確かにそれまで。でも写真でまじまじと自分を客観視したら本当に小さかった。おまけにチームの誰より若く見えるのに「結婚している」って言ったら皆目玉飛び出るほど驚いていた。うちの奥さんを目の前にして「本当に結婚しているの?」って言ってのけるチームメイトもいた。

これなんだな、チームメイトが俺に見ていたものってのは。身にしみてわかった。これから北米社会でやっていく上で、この身長と驚くほどの見た目の若さ(と実年齢のギャップ)はいつも付きまとうに違いない。

まさかね。ここまで小さく写っているとは思ってもみなかった。正直ちょっと腹駄々しい。でもそれだからこそ、でかい奴相手にスパイク決めたときは「皆の喜びもひとしお」なのだろうね。

でもね、俺はそんなキャラクター設定、全く好きでないね。全く。

確認のためもう一度一番上の写真みてみて。俺の隣のJeffね、俺と同じくらいの身長かと勘違いしていた。ぜんぜん違うじゃん!

Keneverbitch 4:59 AM links to this post | 0Comments:コメントを書く OR 見る|
Check Out Ranking:ランキングをチェックする |